なんでもかんでも長野の活動が論文に掲載されました

なんでもかんでも長野が 「ニューノーマル時代のマーケティング」日本マーケティング学会の論文に掲載されました。

アフターコロナ・ウイズコロナ時代の価値共創マーケティング 
― 企業システムの視点から ―
岡山理科大学 村松 潤一
岡山理科大学 大藪 亮
岡山理科大学 宮脇 靖典
金沢大学 張 婧

コロナ禍によって、人々の行動は一変し、生活世界での価値創造はますます多様化・複雑化・高度化しました。
その結果、顧客との価値共創に取り組む企業においては、
顧客から求められる技術と知識が個別企業の範囲を超えるようになり、
価値共創マーケティングにも新たな対応が必要となりました。

そうした中、なんでもかんでも長野というローカルプラットフォームが新しい企業システムの形態をもって、顧客が求める様々な技術と知識を提供できるようになりました。

詳細は下記から論文をご覧ください。